HOME  > 事例紹介  > コンサルティング事例(温泉旅館)
KBS創研の事例紹介です
コンサルティング事例(温泉旅館)
<施設概要>
客室数:52室、年商:0.7億円(破綻した施設を地元企業が買収)

【問題点(before)】

①営業体制が未整備
・宿泊業経験のない企業が運営したため、営業の方法が分らない状況

②目標管理体制の未整備
・予約状況を把握していない成り行きの営業・予約業務

③館内オペレーションの未整備
・宿泊者の受け入れ体制ができておらず、非効率な運営クレームが散見

【コンサルティングを実施】

支配人を中心に営業、オペレーション、予約の改革プロジェクトを実施
(1年間:1ヶ月当り2日間)

①営業の改革
・事業コンセプトの見直し(地元農業者と連携した自然体験ができる宿泊施設へ)
・宿泊予約サイト(じゃらん、楽天)の活用方法
・季節毎の情報発信のタイミングと内容
・インターネット販売に適した宿泊プランの作り方
・旅行会社への営業同行
・地元営業の方法

②目標管理体制の整備
・月別の予約速度(受注のタイミング)の把握と売上予測の方法
・目標未達成が予測できた時の是正方法

③館内オペレーションの改革
・アンケートの整備と月1回の検証
・料理内容の変更(試食会の実施と指導)
・業務マニュアルの作成

【コンサルティング後(after)】

①売上の改善(前年度実績比)
・売上高:200.2%
 (前年度は開業2年目)

②営業の効率化と目標管理体制の整備
・予約速度の把握と目標未達成が予測された時の是正行動(インターネットを活用した加重対策等)の習得
・旅行会社、地元営業がスムーズに実行
・自然体験ができるユニークな宿泊プランに旅行会社のオファーが集中

③館内オペレーションの充実
・夏、GW、年末年始の多客期においてクレームゼロに

<コンサルティング後の所感>
地元に貢献したい思いから破綻した宿泊施設を買い取ったものの、宿泊業は未知の世界。自己流で営業やオペレーションを実施したものの思うように成果が上げられず、当社が支援することになりました。ローコストオペレーションにより宿泊単価を低く抑え、夏場には家族客を誘客するべく自然体験を絡めた宿泊プランを設定したのが功を奏し売上は大きく伸びました。(開業間もないため大きな伸率となっています)サービスレベルも上がりリピーターも増えつつあります